blog

エックスサーバーでWordPressにSSL化(http→https)をする手順を画像付きで説明

くまさん

・Googleが推奨するSSL化って何?

・エックスサーバーでSSL化のやり方が知りたい

こんなお悩みにお答えします!

Googleが推奨するSSL化って何?

SSL化は、簡単に言うとサイトのURLをhttp→https変更することを言います。

やるメリットとしては、サイトセキュリティを上げる効果があることですね

また、SSL化することでサイトの高速化されるのでそこもポイントです。

Googleも推奨していて、2018年の夏ごろからSSL化をしていないサイトには、URLの左側に下記のような表示がされるようになりました。

ユーザーもこの表示が出てくるとびっくりしちゃいますよね。

また、SEO的にも効果があって、2014年の段階でSSL化しているサイトの方を優遇すると明言しています。(逆に言うと、SSL化していないサイトは冷遇される)なので、ブロガーにとっては必須の対応になっていますよ。

そこで今回は、利用者が多いエックスサーバーでWordPressにSSL化をさせる方法を画像付きでご紹介します。これを見れば誰でもSSL化ができるような設計になっています!

この記事の内容

エックスサーバーでWordPressにSSL化をさせる方法を画像付きでご紹介します。

ちなみに、まだWordPress開設していないという方は、下記の関連記事でエックスサーバーを利用したWordPressの開設方法を画像付きで説明しているので、よろしければ見てください。

関連記事WordPressブログの始め方を初心者でも絶対に迷わないように解説する!アフィリエイトをはじめよう!

初めて僕がWordpressを立ち上げた際につまづいてしまった部分を踏まえながら、画像をたっぷりを利用してだれでも簡単にWordpressを立ち上げらるようにと思いを込めて作成しました。 こんな方にお ...

続きを見る

それでは始めます。

エックスサーバーでWordPressにSSL化をさせる手順を画像付きで説明

エックスサーバーでWordPressにSSL化をする手順は大きく分けると以下になります。

SSL化手順

  • 「エックスサーバー」でSSLの設定をする
  • 「WordPress」でSSLの設定を行う
  • 「.htaccess」で常時SSLの設定を行う

こんな感じです。

それでは一つずつ説明していきます。

「エックスサーバー」でSSLの設定をする

まずはエックスサーバーのエックスアカウントにログインをします。→https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

ログインしたら、ページ下部に「サーバー管理」があるのでクリックしてください。

上記の画面になると思いますので、赤枠の「SSL設定」をクリックしてください。

SSL化したいドメインの「選択する」をクリックしてください。

すでにSSL化されている場合もある

 

 

 

サーバーの設定によっては、登録した段階でSSLを済ませている場合もあります。

上記のように「無料独自SSL一覧」にhttpsのアドレスがあればサーバーのSSL対応は終わっているので、次の「WordPressのSSL化」に進んでください。

独自SSL設定追加をクリックします。

次の画面で設定したいドメインであるか確認してください。基本的にはどこもいじらないで、赤枠の「確認画面へ進む」をクリックします。

確認画面になると思うので、こちらで「追加する」をクリックします。この後、次のページへ遷移するのに少し時間がかかりますのでお待ちください。

この画面になったらエックスサーバーのSSL化は完了です。赤枠の「戻る」をクリックしてください。

戻るとこのように「反映待ち」というステータスになっていますが、時間を置くとなくなるのでお待ちください。

以上で、エックスサーバーのSSL化は完了となります。

「WordPress」でSSLの設定を行う

WordPressにログインして、ダッシュボードの「設定」→「一般」と進みます。

「WordPressアドレス(URL)」、「サイトアドレス(URL)」を「http://~」から「https://~」に変更します。そのあと、ページ下部の「保存する」をクリックすることを忘れずに!

そうすると一回ログアウトされます。

ログインしなおします。

すると、画像のようにURLがhttpsになっているかと思います。

確認が出来たら、「WordPress」でSSLの設定は完了となります。

「.htaccess」で常時SSLの設定を行う(常時SSL化)

最後に、常時SSL化という対応をします。

見出し(全角15文字)

ここまでの設定で「https」のURL設定は完了しましたが、このままだと「http」と「https」両方にアクセスできる状態になっています。

なので、「http」にアクセスがあった場合に、「https」へ自動で転送する設定(リダイレクト)をします。

この設定を常時SSLと呼んでいます。

常時SSLの設定は「.htaccess」ファイルというものに、「http」にアクセスがあった場合に、「https」へ自動で転送するコードを貼り付けます。

「.htaccess」は重要なファイル

「.htaccess」はWebアクセスを制御する機能を持っているファイルです。

つまり、中にあるコードを間違って消してしまったりすると最悪Webサイトにアクセスができない状況にもなりかねませんので、気を付けて修正をしてください!

再度、エックスサーバーのサーバーパネルに行きます。

今回は赤枠の「.htaccess編集」をクリックします。

次に対象のドメインの「選択する」をクリックします。

「.htaccess編集」をクリックしてください。

もともとあるコードは一文字も消さないようにしてください。

以下のコードをコピーしておいてください。これが「http」→「https」へ自動転送を指示するコードになります。

 

上記でコピーしたコードをそのまま、画像の通り一番上に貼り付けます。

※ここでも、もともとあったコードは一文字も消さないでください。

コードが入力出来たら、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

問題が無ければ、「実行する」をクリックしてください。

これで常時SSL化も完了となります。

最後にあなたのサイトのTOPページを「http~」で検索してみてください。

これで「https~」に転送されたらバッチリ設定完了です。

SSL化対応は早めにやっておきましょう

今回はエックスサーバーでWordPressにSSL化をする手順をご紹介しました。

上述している通り、SSL化は必須となっておりSSL化していないサイトは上位表示がされにくいと、Googleが名言しているので、出来る限り早めに設定してしまいましょう。

最後までありがとうございました。

\ 当ブログのテーマ AFFINGER5

WING AFFINGER5 バナー01

SEO対策バッチリで記事を書くことに集中できる

面倒なカスタマイズもクリック1つ

今なら、タグ管理プラグイン(4,980円)の無料配布キャンペーン中!!!

-blog

© 2020 ゲコログ