プログラミング

XAMPPの導入方法と初期設定のやり方について画像付きで紹介します!

くまさん

PHPの開発環境を作りたいけど、何から手を付ければいいかわからない…

こんなお悩みにお答えします。

開発環境を作るのは、最初なかなかむずかしいですよね?

しかし、これを利用すれば思ったよりカンタンに作成ができます。

それが「XAMPP」です。

XAMPP(ザンプ)は、Apacheディストリビューションのことで完全無償で利用ができます。

PHP開発で特に利用されることが多いですが、

Apache + MariaDB + PHP + Perlを一度にインストール、管理までできる人気のサービスです。

初心者であれば、まず誰もがつまづくであろう「Apache Webサーバーのインストール、MySQL・PHP ・ Perlの追加」もXAMPPを使えば簡単にできちゃいます!

今回は、XAMPPのインストール方法と基礎知識についてご紹介していきますよ。

XAMPPとは

XAMPPは、Web開発において必須となる便利なツールを一括でダウンロードできるパッケージのことを言います。

基本的に無料で利用することができるのが特徴です。

引用元:オープンソースのXAMPPとは|オープンソース×クラウド情報サイト「OSS×Cloud News」

というのもWeb開発においては少なくとも以下の三点が必要です。

Web開発に必要なもの

  • Apache(Webサーバ)
  • MySQL(SQLデータベース)
  • Webプログラミング言語(PHP、Rubyなど)

この3つは基本的にそれぞれで作成されているため、アップデートやバグなど管理が必要です。

不可能では決してないですが、初心者にとっては、小難しいところが数多くあるため、かなりのハードルとなってくるでしょう。

そこに救いの手を差し伸べてくれるのが、この「XAMPP」です。

「XAMPP」は先ほど述べた以下の3つをまとめて管理することができます。

Web開発に必要なもの

  • Apache(Webサーバ)
  • MySQL(SQLデータベース)
  • Webプログラミング言語(PHP、Rubyなど)

これは初心者の方はもちろん、既に技術力がある方にとっても管理がしやすい点において、とてもメリットが大きいです。

XAMPPをインストールする方法

それでは、XAMPPをインストールしていきます。

step
1
まず最初に公式HPに行き、XAMPPをダウンロード。

それでは、公式HPにいって、XAMPPをダウンロードしましょう。

>>こちらからダウンロード

「ダウンロード」の項目から対象のOSを選択してくださいね。
※今回はWindowsでご紹介していきます。

step
2
ダウンロードが完了したら「xampp-win32-7.1.9-0-VC14-installer.exe」ファイルをダブルクリック


step
3
セットアップが立ち上がりますので、「Next」をクリックします。


step
4
次にインストールするソフトウェアを選択します。

特段の理由がない場合はすべて選択して問題ありません。

step
5
インストールするフォルダを決めますが、デフォルトで問題なし。

このままで次へ「Next」を選択しましょう。

インストールの確認画面と、ページが表示されますが問題ありません。

step
6
「Next」をクリックしてください。

次の2画面は「Next」を選択してしまって問題ありません。次へすすみましょう。

step
7
この画面になったら、インストール中です。

少し待ちます。休憩ですね。

そして、この画面が出てきたら、インストール完了です。

お疲れ様でした。

※インストール中、急に、再起動を始めようとすることがあります。

その際は、再起動をせずに、ポップアップの質問に「No」と答えてください。

そうすると、インストールが先に進みます。

以上でインストールは完了です。

XAMPPを触ってみよう

最後に少しXAMPPの立ち上げ方法をご紹介して終わろうかと思います。

まず、XAMPPの立ち上げ方は、検索窓で「XAMPP」と入力すると

「XAMPP Control」Panel」が出てくるかと思います。

これをクリックします。

無事立ち上がるとこのような画面が出てきます。


Module:Apacheを起動したい場合には、各項目横のActions:「Start」ボタンをクリック。

逆に、「Stop」を押せば停止します。

これだけで各Moduleの実行ができます。

すごいですよね・・・

ちなみに、Moduleが起動できれば、「PID(s)」、「Port(s)」の項目に数字が表示されます。

表示されていないと何かしらのエラーがあるはずです。

それでは、「Apache」「MYSQL」をスタートを押してください。

そうすると以下のように緑になっていれば問題がありません。


しかし、黄色や赤になっている場合があります。

ほとんどの場合は「Port(s)」の値が他のソフトとぶつかってしまっていることが原因です。

その場合は以下のような設定をしてください。
※念のため、緑になっている場合でも設定をしましょう。

「STOP」を押して以下にすすんでくださいね。

XAMPPの初期設定について

step
1
まずは、「config」をクリック


step
2
新しい画面が開きます。

次に、「Service and Ports Setting」をクリック

step
3
Apacheの「Port(s)」の数字を変更する

さらに、新しい画面が開いたら以下の数字を確認してください。


おそらく、「80」になっているかと思います。

ここを何かの連番に変更します。

被らなければ、何でもいいですが、「8888」にしておきます。

step
4
各画面の「Save」をクリックする

数字を変更したら、各画面のSaveボタンを押してください。

まとめ

今回はXAMPPのインストール方法について紹介させていただきました。

PHPのWeb開発に必要なものが1通り、無償で提供されているのはすごいですよね。

XAMPPの詳しい使い方はまた別の記事で紹介していこうと思います。

それでは今回もありがとうございました。

\ 当ブログのテーマ AFFINGER5

WING AFFINGER5 バナー01

SEO対策バッチリで記事を書くことに集中できる

面倒なカスタマイズもクリック1つ

今なら、タグ管理プラグイン(4,980円)の無料配布キャンペーン中!!!

-プログラミング
-, ,